大阪のソウルフード「さいぼし」

大阪名物の「さいぼし」を知っていますか?さいぼしとは馬肉を薫製にした加工品です。馬肉と言えばお刺身で頂く馬刺しが一般的になり居酒屋などでも良く出されるようになりましたが、薫製というと珍しいですよね。アメリカではフライドチキンのような庶民が昔から受け継いできた料理でであるソウルフードと呼ばれるものがありますが、その日本版と言えるものの一つがこのさいぼしです。

 

さいぼしは羽曳野市で有名?

さいぼしを買える通販ショップとして有名なのは大阪の羽曳野市(はびきのし)にある、安井商店が有名です。
関連記事:さいぼしが買える安井商店

 

さいぼし

 

羽曳野市は他にはぶどう狩りスポットとしても人気でです。観光地としては応神天皇陵古墳や白鳥陵古墳といった有名な古墳が多く存在する地域でも有ります。周辺に自社仏閣も多くありますので大阪の歴史観光にもおすすめのエリアです。歴史好きの方は大阪観光の際には、是非羽曳野市に足を運んでみてください。

 

部落差別の食べ物だった?さいぼしの歴史

馬肉の燻製料理として知られる「さいぼし」。ビーフジャーキーの馬肉版といえるうまみが評判を呼び、大阪のB級グルメとして人気上昇中です。しかし、このさいぼしには悲しい歴史が残っています。もともとは被差別部落の食べ物だったのです。大阪では被差別部落の人たちの多くが食肉業に従事していました。

 

さいぼし

 

部落の人たちは貧しかったので、一般の人が見向きもしない部位を安く買い取り、食べるしかありませんでした。牛の内臓をホルモンと呼びますが、これは関西弁で捨てるものを意味する「放るもん」が語源になったといわれています。それと同様に捨てられていたような部位、高く売れない部位を、部落の人たちが工夫しておいしく改良した結果、ソウルフードとして生まれ変わっていきました。

 

保存食にもなっていたさいぼし

牛スジ肉をゼラチンで固めた煮こごり、牛モツを軽く上げたものと水菜入りの汁物である油かす、そしてさいぼしなどです。さいぼしは燻製のほか、乾燥させて作ることもあります。燻製や乾燥の度合いは土地によって異なりますが、生に近いものは生姜醤油で、よく乾燥したものはそのまま食べることが多いです。

 

保存食であり、高タンパクの栄養食。育ち盛りの子供によく食べられていました。最近は大きなスーパーへ行けば売っていますが、以前は被差別部落内でしか販売していませんでした。このため、さいぼしを食べるのは被差別部落の人たちに限られました。小学校や中学校の修学旅行でおやつとして持ち込んだ子がいれば、その子が被差別部落出身であることが分かり、差別を受けることがしばしばあったと伝えられます。

 

さいぼしという言葉自体が被差別部落の人を差別する目的で使われていました。今もスーパーの中にはさいぼしという商品名を避け、干し肉と表記するところもあります。ただ、時代が変わり、被差別部落以外の人もさいぼしのおいしさに気づきました。

 

悲しい歴史はあったとしても、このおいしさをもっとたくさんの人に味わってほしいと考える人も増えてきました。世界中には差別を受けてきた人たちが生み出したおいしい料理がたくさんあります。さいぼしも悲しい歴史を乗り越え、全国に羽ばたいていくのでしょう。

 

さいぼしの美味しさ

本格的なさいぼしだと固まりで売られており、お好みに応じた厚さに切って食べられます。燻製されていることにより、噛めば噛むほど、凝縮された馬肉の旨味が広がります。さいぼしにも様々なものがあります。馬刺しに近い半生くらいのものや、もっと乾燥させた馬ジャーキーのようなおやつ感覚で食べられるものまであります。

 

さいぼし

 

さいぼしにはどの部位が使用されている?

使用される部位にはハラミやバラ、カッパなどがあります。ハラミを使ったものはさっぱりとした風味、バラは脂が乗っており濃厚な味わいです。カッパの場合も脂が乗っていますが、こちらは薄くスライスされて売られていることが多いです。調理法も、調味液に漬け込んで作ったもの、塩のみの味付けで素材の味を生かしたものなど様々です。お好みによって選んだり、食べ比べてみるのも楽しいかもしれません。

 

お酒のつまみに最適なさいぼし

お酒の肴に最適といわれているのが馬刺しを燻製にしたさいぼしと呼ばれるものです。さいぼしは大阪名物で各種雑誌やTV番組でも紹介されています。さいぼしの良いところは、低カロリーで高たんぱく、とってもヘルシーなのに美味しくてお酒も進むという点です。メタボでおつまみもお酒も控えているというパパも、さいぼしを少しとビール1缶くらいなら週に1,2回許してもらえるかもしれません。

 

さいぼしの栄養素について

そしてさいぼしは、女性やお子様にも嬉しい成分が配合されています。鉄分とカルシウムです。鉄分は女性が不足しやすい栄養素ですが、さいぼしを食べればしっかり補えます。さらに骨を丈夫にするカルシウムも豊富なので、成長期の子供さんにはぜひ食べていただきたいです。

 

馬肉と聞いたら、クセがあって食べにくいのではと思うかもしれませんが、食べやすいですしアレンジも自由にできるのでそのままでも加工して食べても美味しく食べることが可能です。

 

調味料でいただく、さいぼしの定番の食べ方

そのまま食べても美味しいさいぼしですが、調味料を使うともっと美味しくいだだけます。おやつやお酒のおつまみにおすすめの食べ方をさいぼしの食べ方から4つご紹介します。

 

さいぼし

 

@定番の生姜醤油
生姜醤油などで食べるのが、本場大阪では一般的な食べ方と言われています。
さいぼしの風味を損なうことなく美味しくいただける定番です。

 

Aポン酢でさっぱりと
もちろん、さっぱりとしたさいぼしの風味を活かすために、ポン酢などで頂いても美味です。
ポン酢を用いた場合、たまらなくお酒が欲しくなる風味に仕上がりますので、お酒好きの方はぜひ、さいぼしとポン酢で食してみてください。

 

Bマヨネーズと醤油でおやつにピッタリ
また、さいぼしとマヨネーズ、醤油の組み合わせも大変美味です。
マヨネーズと醤油で食べると、お子さまの舌にも合い、おやつにピッタリではないでしょうか?

 

Cわさび醤油で大人の風味
さらに、さいぼしとわさび醤油といった食べ方もおすすめです。
お子さまには向きませんが、大人の方はさいぼしの風味とわさび醤油の風味が相まって、癖になる味わいに仕上がりますので、ぜひ、試してみてくださいね。

 

美味しい食べ方

半生タイプでしたら辛子醤油で食べるのが一般的ですが 生姜やにんにくをつけても良く合います。ジャーキーのようなタイプなら、マヨネーズをつけて食べるのも人気のある食べ方です。ぜひ食べてみたい!と思うところですが、このさいぼし、製法に手間がかかることもあり、なかなかの高級グルメです。

 

元々は庶民の間でひっそりと伝えられてきた食材だったものが、広く知られるようになって価値が高騰しているのかもしれませんね。それでも、お手頃なものもあるので、気軽に試すことができるのもうれしいところです。一番の楽しみ方はやはりお酒と一緒に頂くことですね。特別なおつまみとして一度召し上がってみてはいかがでしょうか。

 

さいぼし

 

料理にも活用できるさいぼし

さいぼしは料理にも活用できまして、薄くスライスしてそのまま食べても良し、角切りにしておにぎりの中に入れたり、サラダに加えたり、炒め物に入れてみたり、チャーハンにしたりと色々楽しんでみてください。噛めば噛むほど旨みが増して、甘く感じられます。脂身は少ないので、物足りないかなと思うかもしれませんが、あっさりしているのでしつこくなくていくらでも食べられます。

 

もう少しコクが欲しいという人は、マヨネーズやオリーブオイルを少し添えて食べてみても良いでしょう。さいぼしを作る際には塩などもこだわっているお店のものが良いです。使う塩で味は変わってきます。馬肉を初めて食べるという人にも、さいぼしはとってもおすすめです。

 

さいぼしの通販なら『ミーテックプラス』がおすすめ


↑本場大阪よりお取り寄せ!ミーテックプラス↑

 

さいぼしは、通販で購入することが可能です。馬肉に塩を振って寝かせたものを燻製にしているさいぼしは、保存料なども含まれていなくて安心です。真空パックになって届くので新鮮さをキープしていてできたての味をしっかり楽しめます。中はほんのりピンク色でとてもきれいな色です。

 

ミーテックプラスは本場大阪からさいぼしを直送してくれるショップです。本来は、大阪だけでの取り扱いが多かったのですが、最近では、全国に直送という形で通販を行なってくれているお店もありますので、ぜひ、さいぼしをチェックして、ご自身の舌で、じっくり味わってみてください。