東京日本橋の1日1000袋以上売れる「揚げたて芋けんぴ」のお店、芋屋金次郎の芋けんぴ。

 

お取り寄せしたい芋けんぴ!芋屋金次郎がおすすめの理由

 

いもけんぴ

 

他の芋けんぴとどう違う?おすすめポイント3つ

芋屋金次郎の芋けんぴは創業以来、芋けんぴ一筋のメーカーが作った、とにかく美味しいと話題の高級芋けんぴです。

 

原料の芋の旨さが違う

お取り寄せしたい芋けんぴ!芋屋金次郎がおすすめの理由

 

素材となる芋にもこだわりがあります。
コガネセンタンという白芋を使っており、油ととても相性がいいのが特徴です。
現在、これに勝る品種はないと言われています。

 

無添加・自然の材料だけを使っていて体に優しい

いもけんぴ

 

原材料は芋と砂糖と油だけ。
国内契約農家の芋を最高級なたね油と米油をブレンドした金次郎油で揚げ、精度の高いグラニュー糖の糖蜜をかけています。

 

ギフトとしても喜ばれる高級感

大容量の1kgは家族みんなで食べるサイズとしても最適です。
包装からも高級感があるので、お中元やお歳暮、父の日、母の日、ホワイトデーなどのギフトにも最適です。

 

??MEGU??さん(@megu_yhg)がシェアした投稿 -

旦那さんからホワイトデー!

洋服買ったからホワイトデー貰えるなんて思ってなかったからびっくり!
instagramより引用

 

いもけんぴ

 

芋屋金次郎の口コミを調査!

実は若い女性のファンが多いお店なんです!

 

itsuko-kondoさん(@itsukondo)がシェアした投稿 -

itsukondo:新聞の広告に載るたびにタイムラインに「食べたい〜」と呟いてた芋けんぴ!

jyuna_jyuna:私も父に頼まれて新聞の広告から4缶注文しましたー♪
itsukondo@jyuna_jyuna:ええ〜〜そうなん!?お父様と好み合うわ^^どなたかに差し上げる為かしら!美味しいよ〜。
instagramより引用

 

高知県に行ったときはお土産として定番!

Sadayuki Tsujinoさん(@sada_1024)がシェアした投稿 -

今更四国土産をアップする。

芋たちに5100円使ってしまったが後悔は無い。
instagramより引用

 

芋屋金次郎ってどんなお店?人気の秘密を調査

芋けんぴの名産地で有名な高知県にあり、昭和27年の創業以来、芋けんぴ一筋のメーカーです。芋けんぴは、芋と砂糖と油だけで作る素朴なお菓子です。だからこそ、主原料となる芋のうまさと品種、栽培方法にまで徹底的にこだわっています。また、高知県内に4店舗、愛媛県に1店舗あり、最近では東京の日本橋にも出店しています。

 

721さん(@721_insta)がシェアした投稿 -

 

1日1000袋以上売れることも!?

東京日本橋のお店では工房を併設しており、職人たちがいもケンピを作る工程を見ることが出来ます。ここで作られた「揚げたて芋けんぴ」は1日1000袋以上にも!高知だけでなく今東京でも話題のお店なんです。

 

S_Oikawaさん(@s_k_oikawa)がシェアした投稿 -

 

お芋を使ったスイーツは若い女性の間でも人気に

店頭ではお芋を使ったスイーツも販売しており、最近は若い女性のファンも増えています!

 

maple????さん(@kaechu3u)がシェアした投稿 -

 

高級芋けんぴだけど食べすぎには注意!

一方デメリットとして、あまりに美味しいので食べだしたら止まらないところです。

 

megumiさん(@_m.g_124)がシェアした投稿 -

東京から高知に引越した従姉妹から届いた大好物!

めちゃくちゃ美味しい〜♪
いっぱい入ってるけど食べきる自信あり!!

 

食べだしたら1kgでも少なく感じるとか・・・
原材料は芋と砂糖と油だけですが、カロリーは少し高め。食べすぎには注意してください。

 

こんな方におすすめです!

  • 東京のお店で「揚げたて芋けんぴ」のファンの方
  • 今までにない美味しい芋けんぴを食べてみたい方
  • 家族・友人へのプレゼントを探している方
  • 大容量で満足いくまで芋ケンピを楽しみたい方

 

気になるお値段と送料は?

芋屋金次郎の芋けんぴは1缶2400円に送料が500円かかります。
また、2缶以上買うと送料が無料になります。
普通の芋けんぴと比べると価格は少しお高いですが、味の方は格別ですよ!

 

いもけんぴ